カテゴリ:山登り( 10 )

笊ヶ岳 その2

9/18日7時に笊ヶ岳登山口 老平(オイダイラ)をスタート。
  老平-林道終点-広河原-山の神-檜横手-小ピーク-布引山にして布引山でテント張ることに。
9/19は布引山―笊ヶ岳-布引山のピストンで後は下山のみ。

林道を30分、ガレバの沢沿いを50分歩く。
8時半には広河原に着いてはいたが、台風一過で水量多く広河原の渡渉で手こずり,急斜面を山の神の下まで登る。山の神に着いたのが11時になった。
当初は笊ヶ岳でテントの予定だった。
渡渉の時軽く岩を飛び越えたが、ザックを残して飛び越えたため、受け取る時に川に落としてしまい拾うのに靴は濡れるしザックにも水が入り、頂上でわかるのだがダウンもぐっしょりだった。
道理で重いわけだ。

K氏は自分のペースで行くからと僕らを先に行かせた。その後S氏とも離れ一人頂上を目指す。
コースの標識もわずかで、今どのへんだか時間だけが頼り。

ひたすら登り、登り、登り、一部で富士山の雄姿が見えるが99.99%景色は樹林帯の尾根。
檜横手を過ぎ小ピーク先に出たのが17時ごろ。山の神から6時間だ。
長い。
S氏からちょうど電話が入り場所の確認と今日は間違いなく布引山でのテントに変更を確認。
スタートから10時間でやっと展望が開けたので少しは元気が出た。
がレ場を通過してハイマツをくぐり17時15分布引山に到着
景色は全く見えず。ただ木の間から掛け軸のように富士山が見える。

テント張って濡れたダウンやインナーにがっかりしてみんなの到着を待つ。
S氏がガレ場付近に悩みながら18時過ぎに到着。
K氏は登山歴は長いが、どうも自己流のようだ。
S氏と携帯でK氏の状況を把握するが一向に上がってこない。
いつものことらしいのが途中でビバークするというがそれは止めようと伝える。

コースタイムと自分の力量は計算済みと思っていたがやはり笊ヶ岳は長いらしい。
結局K氏は9時にテントに着いた。
僕は会話したが半分寝ていた。

どちらかのテントに入ることになっていたが、明け方目を覚ましたらマットなしで外でシュラフで寝ていた。
タフだなー。
たまたま夜は暖かいが、普通は底冷えして寒いはず。

いいタイミングで起きたのか、掛け軸みたいな木の間から御来光が出てきた。
富士山よりかなり左下から出てきた。
いい景色だ。

これなら360度の笊ヶ岳の眺めは期待できるはず。
ウイスキー片手に空荷でピストン。45分ぐらいで到着。
抜群の景色に感動。K氏も10分遅れでつく。S氏も途中着替えながら20分後に到着。
K氏が荒沢 赤石等の過去の踏破した話と山並みを教えてくれた。
笊ヶ岳は初めてである。

1時間ほど眺めて下山することにした。
9時過ぎに笊ヶ岳を出て布引山に戻りテントを回収して、10時50分に下山開始。
4時間目標で広河原に戻りみんなで渡渉することを確認してスタート。
来た道をひたすら戻るが、
水が500ぐらいしかない。みんな水が減っている。
K氏は4L近くを飲んでいる。道理で朝のコーヒー分もないわけだ。

昨日同様僕とS氏とK氏の順で下るが、前日のように別行動になる。
とりあえず広河原で水を飲みたいのと、川が渡れるかのことがいっぱいで遭難するとは思いもよらない。
どちらかというと広河原から登山口の方が危険かもしれない。

かなりきつい下りを3時間ほどで山の神に着いたが、昨日靴の中に水が入ってふやけた足が靴ずれして激痛なのと、タイツはかずに下った為モモがひきつってきた。

山の神からは35分だが細いツズラ降りの為踏み外すと滑落するので、できれば一気に気合で降りたい。
最後の一口の水を全部飲み広河原目指して降りる。

2時50分広河原に着いた。浴びるように水を飲み、作り置きのアルファ米で元気を補充。
立ち上がるとモモがひきつりよろける。
このままでは渡渉もままならないので早めに切り抜けたい。
気合を入れてはだしで一気にわたる。
昨日より幸い流れも落ち着き対岸に渡れた。後は2人を待つだけだ。

対岸で靴下をはき整理しているとS氏の大きな声がした。
3じ50分S氏が到着して4じ15分には渡渉して対岸でK氏待つことに。

しかし待てど暮らせど降りてこない。
広河原は圏外だ。
みんなdocomoだがスマホはつながりにくい。S氏とk氏はガラ系で電源もまだありかろうじてつながったがきれた。
(今どこ)のショートメールになかなか返信が来ない。ギリギリの圏外が通信をさえぎる。

18時になってしまった。このままではK氏はビバークがしなければ危険だ。
我々は圏外から移動して警察か本人と連絡するため下山した。途中7時に電波が通じるところで、K氏のショートメールを確認した。(山の神から20分。下り沢に出る。けがなし。脱出ルート教えてくれれば自力で脱出可)  (電源なし)
これと同じ内容を彼の姉にも連絡が入っていて。
このタイミングで警察に捜索願いを出す。
駐車場まで戻ると地元の警察官がいてパトカー先導で山梨県警南部警察署に向かう。

メールの内容とお姉さんへの連絡で無事であることと場所の確定が容易であることで、翌日のヘリと警察の捜査で発見は容易と思われた。

駐車場で夜を明かし翌日は5時から警察官4人とヘリが飛んだ。
ヘリは4回給油をして探したが、見つからない。

焦りが出てきた。幸い暖かく天気もいい。
翌日は消防団も参加した。消防団は身内からの依頼がないと動けない。
警察は3日間しか捜索しない。

メールの内容を頼りに動くが手掛かりなし。
捜索3日目の22日にでお姉さんが来た。
捜索打ち切りを承諾した。
23日はS氏と地元のA氏が有志で捜索した。
僕は2日目までは捜索に出たが足が激痛で動けない。
しかし4日目にしても見つからないので、この日は2人で帰宅した。
5日目の25日にはA氏と地元のW氏がまたも有志で捜索してくれた。それでも駄目だった。

最悪の場合でも出てほしい。
しかし、この状況では滝に滑落したか場所を動いているとしか考えられず、見捨てる感じだ。
あの時山の神で待ってればよかったのにと悔やんでならない。
団体行動と言われればそうかもしれない。

捜索してる夢を見たり釈然としない日々を過ごした29日、S氏からtelがあり(釣り人に保護された。)と連絡が入った。

実に10日ぶりだ。

生きててよかった。
よくものをなくすがこんな大きななくしものが出てきたのは人生初めてだ。
大殺界の運勢が少しいい方向に行っているのか
よかった。
早速9/30日に収容先の山梨中央病院に向かう。
彼は両手両足傷だらけであるが骨折などもなく至って元気である。
登山当日が初顔なのでK氏への記憶も多くないが確実に痩せている。

なんで迷ったかについては まだ落ち着きもなく話につながりもないが、遭難連絡場所にじっとしておらず動きまくったらしい。
更にはメールに記された位置より上の方から適当に道をショートカットしようとしたらしい。
迷うにして迷ったか。
いずれにしても詳しくはまだ不明だ。

でも出てきたからもういいや。なくなりそうになつた命大事にしてくれ。

こんな山
by akirahrk1962 | 2013-10-03 12:47 | 山登り | Comments(2)

笊ヶ岳 その1

大変な山だった。
こんなレポが書けるのも今日になってこその話。

とりあえず笊ヶ岳手前の布引山でのテンバからのわずかな隙間の絶景富士山と御来光。

c0192077_2328498.jpg
c0192077_23291040.jpg



笊ヶ岳からの富士と南アルプス主峰達とお騒がせ3人。

c0192077_23295772.jpg
c0192077_2330576.jpg
c0192077_23305363.jpg

by akirahrk1962 | 2013-09-29 23:31 | 山登り | Comments(0)

北八ヶ岳

平日に山というのは学生以来かな?
先日買ったスカルパの足慣らしも兼ねて行ってみた。9/18日の笊ヶ岳の為に靴の状態はベストにしたい。
自分の足は左は外反母趾である。右は1センチ短い。
20年近くダナーで過ごしてきたが、最近のはこんなに優れているとは思わなかった。
購入時にインソールで調整するのだが、土踏まずから指先まで緩い気がしたのでピンクのインソールで対応した。しかし右は左足より小ぶりなのでノーマルの中敷きも同時に入れた。
先日の高尾山ではどうも指先あたりがきつい。
今回は以前から使っていた土踏まずを上げるタイプのグリーンのインソールを使い調整しながら歩いてみた。
結果右は中敷きと2枚、左足はグリーンのインソール1枚で調整がついた。とりあえず快適な歩きであった。

今回は 9/11夕方15時に渋の湯についた。
渋の湯に駐車場聞いたら1500円だった。
玄関口で荷造りするなとかううるさい看板と張り紙が多い。
年中登山客や湯治客が訪れるのになんか上から目線だな。
八ヶ岳は南はそうでもないが北はうるさい。
北アルプスは非常に緩いのかも。

今晩は黒百合ヒュッテにテントである。
明日は天狗ピストンの中山展望台、高見石小屋 渋の湯戻りである。
岩場の多い登山道で岩にアイゼンの跡がいっぱい。
冬山には人気のエリアだ。

今年は晴れの日もガスが多い。わきあがる時間が早い。パッとしないですね。


c0192077_18164026.jpg
c0192077_18173558.jpg
c0192077_181829100.jpg
c0192077_1625012.jpg
c0192077_16373.jpg
c0192077_1631821.jpg
c0192077_1634470.jpg

黒百合ヒュッテ。ここまで2時間。
c0192077_1635467.jpg


c0192077_1652310.jpg
c0192077_16333487.jpg

★が凄かったが撮れなかった。天体観測状態。
底冷えがしてきつかった。
c0192077_1671310.jpg


翌日 天狗岳
by akirahrk1962 | 2013-09-15 18:19 | 山登り | Comments(6)

常念岳

9/22.23に常念岳に行ってきた。
山仲間のK君と一緒です。
K君は昨年赤岳にテント泊の装備を持って日帰り訓練をして以来である。
さらに山でのテント泊は今回が初めてである。
夜10時半にK君が我が家に迎えに来て私の車で行くことにしました。
AM1時過ぎに一の沢の登山口に到着。駐車場ではなく入り口手前の路肩に止めました。
駐車場では登山口が遠いもんで。

仮眠をして寒いなと思ったら5時だった。
脱輪したステージアをロープで引っ張り出し、ついでにしゅっぱつの準備。

6時15分に届を出して出発。
c0192077_21395119.jpg

8時36分 笠原
c0192077_21404439.jpg

9時21分 胸突き八丁
c0192077_2141262.jpg

9時26分 
c0192077_214242.jpg

9時48分
c0192077_21593214.jpg

10時22分
c0192077_214472.jpg

10時43分
c0192077_214518100.jpg

10時50分 常念乗越到着。4時間半も掛かってる。地図どうりなんだけど、抜かれてばっかりだった。
でも表銀座から見る槍は最高ですね。これ見るためにきつい登りにもたえられる。
c0192077_21533920.jpg

c0192077_2154315.jpg

テントを張って昼飯食ってそれから頂上目指します。
c0192077_21543784.jpg


頂上へ
by akirahrk1962 | 2012-09-29 22:17 | 山登り | Comments(5)

八ヶ岳

また山に行っちゃった。
八ヶ岳 赤岳に行ってきた。4年ぶりくらいかな。
前回は紅葉も終わり雪舞う頃だったが天気は抜群だった。今回はガスの中で景色も見えなかった。

今回は本格登山デビュー戦の友人を案内することに。家内以外で山に行くのは 何年振りだろう。
彼とは前回の燕岳から計画していたが、天候と都合がつかず今回になった。
今回も金曜日には延期を連絡したが、YAHOO天気では原村は回復傾向にあるらしので急遽日帰りでの決行となった。

美濃戸口に午前2時到着。仮眠をする。外の気温は10度ぐらいあった。霧が凄かった。
コースは美濃戸ー行者小屋ー文三朗分岐ー赤岳山頂ー天望荘ー行者小屋ー赤岳鉱泉ー美濃戸に戻るコース。
そもそも美濃戸で1700m以上あるので 山頂まで1200m弱だ。行者小屋で2300m前後だから最初にゆっくり上がり最後に600m前後の急登だ。その分距離がある。
美濃戸から行者小屋はなだらかな 沢つたいのルートだ。2時間あれば余裕のはずが2時間半もかかった。
空は時折晴れ間が見えるが 山はガスのまま。赤岳の山容も全く見えず。

彼は高尾山 御岳山 三頭山 大山 富士山についでの登山。本来初めてのテント泊予定だったので今回はトレーニングを兼ねてテント泊と同じ内容がザックに入っている。
引き算はあるが足し算で来るとは思わなかった。聞くところによると富士山には、この夏西湖にファミリーキャンプして一番下の登山口まで送ってもらい日帰りで往復したそうだ。チャレンジャーである。
出足はペースがつかみずらそうだったが 後半は高度感と岩場、急登、人の少なさ等に驚きの連続で元気いっぱいだった。

9時過ぎには行者小屋を出発。途中から強い風とガスで視界は最悪。頂上小屋では200円で小屋の小上がりで休憩させていただけるので、昼飯を快適にとれたのは感激。
小屋には30年振りに入ったが綺麗になったような気もするが。
ウイスキーに スパ、サラミ、地鶏真空パック、ビール、ナッツ、ツナ缶、コーヒー、スープ、カロリーを摂取しまくる。
そんなこんなで12時過ぎになり下山。行者小屋に1時40分。そのまま通過で2時赤岳鉱泉。
一服して美濃戸に着いたのが午後4時前。10時間近く掛けて廻ってきた。

休憩は彼のペースで行動した。荷が重いし長距離だったので休憩は多かった。時間決めてペースとか必要かもしれないが 初めての高所登山であまり天気も良くないのでストレスのないほうが次回も喜んで来れると思いお任せした。
山登りの初心者に能書きはいろいろあると思うが、”進む度胸と戻る勇気”を基本にしてりゃーなんとかなるだろう。
最近はフルマラソンにも参加したり前日も20K走り込んできたらしい。肩の痛さを気にしていたので荷物になれないのだろう。

話はずれるが 写真にある文三朗尾根の階段付近で休んでいたら、トレラン風の青年が上がってくるではないか。
(ここまで2時間ちょっとですか?)
(1時間20分ぐらいですね)
(美濃戸から早いですね。)
(いいえ 八ヶ岳山荘です)
???????????????
その後山頂に着いたらすぐにトレランの彼も着いた。
(なんで後からなの?)
(阿弥陀岳に行ってきました)
(あの後阿弥陀岳?)
(地図落としちゃって見せてもらえますか?)
(恐るべし)
トレランファンには普通なのか、早すぎるだろう。距離にすれば新宿ー渋谷みたいなもんだが、文明が進歩すると人間の行動も飛躍するようでびっくりしました。

ということで 写真が少ないので文章でごまかしてみました。
結論はここ最近土日の天候に惑わされて3週目にしての決断にも関わらずガス!というくやしい山行でした



c0192077_22165030.jpg

c0192077_22134823.jpg
文三朗尾根の階段

c0192077_2215178.jpg
頂上直下の鎖場。

c0192077_22154213.jpg
山頂。風が強い。雨ではなくて汗です。
c0192077_22173478.jpg

頂上の祠にはキンニクマンがいる。
c0192077_22342245.jpg


実はデジイチがあるのに まともな写真が全くなくてこれらしかありません。
今回は自作のカメラホルダーを試す事も出来て良かったが写真がださい。
コンデジ一台で良かった。

快適だった自作ホルダー。
c0192077_22291268.jpg

ショルダーに下げるように既製のジョイントを付けただけ。
首も快適だし 荷降ろしの時も簡単。通常のストラップはベルクロでまとめてあるだけだが まとめ方に課題が残る。
その前に撮影テクに課題が残る。


ウエストベルトにショックコードを取り付けてぶらぶらをなくす。
コードなくてもあんまり揺れない。そのままカバーはずすとすぐ撮れる。
c0192077_2233337.jpg




最近山続きだが 有酸素運動しないと映画(セブン)の中で、スパゲッティーで殺されるおデブにそっくりになりそうだ
by akirahrk1962 | 2011-10-25 00:05 | 山登り | Comments(6)

テント場

c0192077_212667.jpg

彼が撮ってくれた写真がこちらです。人の考えないことやれる人は凄い!
自称”たもあみ写真家”Y氏です。
ホームグラウンドはこちら
c0192077_20592528.jpg
c0192077_20594462.jpg
c0192077_210150.jpg

by akirahrk1962 | 2011-09-27 21:05 | 山登り | Comments(10)

燕岳ー1

燕岳最高
一言!よかった!

c0192077_19335840.jpg
c0192077_19342172.jpg
c0192077_2035596.jpg
c0192077_19353651.jpg


久々のテント泊の単独行。
ARAIテントの本領発揮。
天気は狙い道理最高のコンディション。
二人で行く予定が都合付かず、思い切って単独で。
結果は体力不足で一人でよかったかも。
実に足腰の衰えを感じます。

More
by akirahrk1962 | 2011-09-25 20:00 | 山登り | Comments(14)

久しぶり登山? 辛垣城址

GW初日 桜楓会主催100回登山に行ってきました。青梅から軍畑駅までなので大したことないかと思いきや 12Kの行程はなめてました
c0192077_1641571.jpg

青梅鉄道公園 この辺はのんびりと
c0192077_16421439.jpg
柔軟して
c0192077_16425649.jpg

集合写真
c0192077_16434829.jpg

広いハイキングコースをのんびり
c0192077_16461033.jpg
c0192077_1646367.jpg
c0192077_16465857.jpg
c0192077_16473789.jpg
c0192077_16482053.jpg
c0192077_16483545.jpg
だんだんハードになってきます。
c0192077_16492238.jpg
c0192077_16494970.jpg
c0192077_1650759.jpg
c0192077_16503099.jpg
c0192077_16505546.jpg

足が棒です。雷電山
c0192077_16514744.jpg

東京スカイツリーより低い山なんですが 青梅と秋川渓谷の景色が最高です。
by akirahrk1962 | 2010-05-05 16:52 | 山登り | Comments(4)

大山とタミフル

久々にチャンジー チャンバーたちとお会いして異色の山登りです。桜楓会なる山学会?
c0192077_19584156.jpg
新年会兼ねて大山に向かいましたが 急遽{凍結かもしれないから見晴台までにしよう}005.gif005.gifということで 頂上には行かず下社経由見晴台に
c0192077_19561071.jpg
c0192077_2004076.jpg
c0192077_2011678.jpg
どんよりした日和で なんか足取りはずまなーい感じ 靴はインソール入れたけどなんか重いなー
とりあえず気分だけはまだいいのでのんびり行こう。でもザックがいつもより重く感じるなー  
c0192077_2082418.jpg
ということでこんな調子でみんなで箸つついてるわけです。この寄り集まってる中の料理を写すの忘れたけど
大山ごときにこのザックで 左側のザックにおでん10人前(5kはある)缶ビール10本 アクエリアス2本 水500ml 餅15個 その他コンロバーナー 雨具 スパッツ コッフェル入れて18kになっちゃった。さらに日本酒 ゼンザイ コーヒー おしんこ5種が他メンバーから追加されております。ちなみにみんなで大喜びなのは、このPRIMUSのトースターで餅焼いて喜んでいるところです。003.gif003.gif003.gif
c0192077_20192830.jpg
ということで宴もたけなわで いざ下山。ザック軽005.gifと思いきや 足取り軽くならず
なんか変ダナー おまけに雪ぶりぶり降ってくるし
c0192077_203164.jpg
伊勢原行きのバスにのり しばらくしたらなんかボーとしてきた。駅に着きみんなで二次会に。生3杯飲んでも食欲出ない。楽しく解散して 自宅に着くと寒気がして37.2の熱。やばいぞーと思い、すぐ寝るが、体調優れず。日曜日39度まで上がり 本日37.7度。会社に行けどくらくら 早退して医者行ったら
c0192077_20372254.jpg
インフルエンザタミフルどうりでなんかしんどいわけでした。予防接種はやるべきだった。007.gif038.gif042.gif
by akirahrk1962 | 2009-01-26 20:43 | 山登り | Comments(3)

インソール

2号で林道と思いきや・・・オイルが漏れがだんだん目立ち始めてきた。1号も2号もそろそろ入院です。おまけに寒いし008.gif
ということで 重登山靴を手にいれたので WILD-1にインソールを買いに行ってきました。Super feelをチョイス 4500円也
c0192077_16162343.jpg
c0192077_16164177.jpg
 今週末丹沢大山へ行くので ちょいと調整しとかないと 外反母趾がきつい私の足では 痛い目にあいそうだし しかしフィット感がまるで違う071.gif かかとが上がり全体をぐるっと包んでくれる感じ どんな靴にも入れられるので オフブーツ買ったらそれにも入れよっと
by akirahrk1962 | 2009-01-18 16:15 | 山登り | Comments(2)