<   2009年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

北海道ツーリング4 

何とか1GBに変更できました。更新再開です。宗谷岬を目指します。気温9度の曇天です。到着です。みんなライダーは端っこ目指します。
c0192077_1039876.jpg
最北端の給油所でキーホルダーもらえます。手作りで以外にかわいい
029.gif
c0192077_10142661.jpg
その後宗谷丘陵の道道889から1077へ行き オホーツクに出ます。
c0192077_101673.jpg


c0192077_1017185.jpg

晴れてればいいんですが008.gif
c0192077_10182117.jpg
崎陽軒のシュウマイホタテ工場
c0192077_10405287.jpg

猿払村からR238を南下します。エヌサカ線です。マップルの表紙にもなってます。360度 道と地平線(すごい)
c0192077_10432773.jpg


c0192077_10434986.jpg


c0192077_10441048.jpg
浜頓別からR275で中頓別から天北スーパー林道目指します。中頓別は天北線のメモリアルパークがあるとこ 20年前に廃線になってます。小さな町には 誰もいません。ここから道道120に入りますが 牧場原生林の繰り返しで寂しさ倍増です。
c0192077_10481252.jpg
歌登まで来ました。ホクレンで給油した時のおじさんとかわいい女性以外人がいません。かつて歌登町営軌道が走ってたとはおもえません。川でルアー投げたらヤマメがHIT。小さいけどかなり食いついてきました。003.gif003.gif
c0192077_10505414.jpg
天北スーパー林道まで来ました。美深に抜けるつもりです。そのときCRM250が抜いていきました。その先5K程でルアー投げてたら さっきのCRM250が戻ってきました。{がけ崩れであさってまで通行止めだそう。}イヤー残念。 函岳行きたかったなー しばらくしたら今度は、ノシャップであった兄ちゃんが来ました。その旨伝えると 記念に行くとこまで行くとのこと。彼はANAの飛行機に乗せて三重県からやってきてました。ここでお別れ。その後風烈布林道からまたもR238のオホーツクへ 今日は湧別ぐらいでお泊りすることに。 
c0192077_114529.jpg
 上湧別の『上湧別温泉チューリップの湯}につきました。道の駅に温泉施設と名寄本線記念館があります。 温泉は500円でしこたまきれい。最近流行のリタイヤ組みキャンピングカーが結構いました。。。003.gif中頓別駅跡
c0192077_11124580.jpg
テント場は五分ほどの 五箇山公園内でということで 向かったら 管理人帰宅で近所の人が管理代行。{今日は誰もいませんよ。ログハウス3000円 オートサイト2000円 フリーサイトは一番おくの森の中1000円デス}と007.gif『高いなー}といったら この横の列車なら無料でどうぞ 電気もつ来ますよ}!? それならこれでしょ ということで今日は列車の中。止まり方4種類目 夕焼けらしきものが見えてきました。明日に期待です。勇網線 五箇山停車場跡。
c0192077_11154893.jpg

これが 列車の中 お座敷状態
c0192077_1818156.jpg

by akirahrk1962 | 2009-06-30 11:23 | バイク | Comments(2)

北海道ツーリング4

ブログ更新したいのですが 写真の最大許容量が大きすぎで サイズを変えてもダメです。
PC苦手なので さっぱりわかりません 現状調子がよくないのは確かですが 寿命かな
by akirahrk1962 | 2009-06-29 10:34 | バイク | Comments(4)

北海道ツーリング3

9日間も行ってたわけだから 毎日更新しないと大変です。さて3日目です。ラジオによると太平洋側が天気がよさそうです。そんなこんなで目的地はいつも朝方決めてます。 道道を使いながら 南西に進路をとり 留萌から 天売国道を北上して、稚内を目指します。途中 市内の秀岳荘でシュラフカバー調達。WILDーONEより小さいのに 買い手のつぼが解ってる品揃えでついつい長居してしまいます。石狩沼田駅到着。
c0192077_11282818.jpg

留萌駅到着。この手前で 深川留萌自動車道の出口から 左側を抜いて走ってたらパトカーに追尾され車両の中に {北海道は左じゃなくて 右から抜くように オレンジラインもまたがなきゃ抜いていいから 都内じゃいいけど ここでは右からです}と。確かに二日間走ってそれは解ってましたけど。左側は都内でも危ないですけどね。 やさしいおまわりさんで交通指導を受けてキップなし。その後留萌市街地入り口で 下り車線側でネズミ捕り発見。この先飛ばさず気お付けよう。
c0192077_11342257.jpg

R232は 国鉄羽幌線跡と並行して北上します。1927年に開業したときは14駅程度で 141.1Kの営業キロを誇りました。昭和32年には更に14駅ほど追加開業してます。1987年の民営化で60年の生涯を閉じましたが、半分の駅は30年余りの短命な路線でした。トンネル跡は特にもの悲しさを感じます。線路の轍はおたまじゃくしがいっぱいです。
c0192077_1140238.jpg


c0192077_11402831.jpg


c0192077_114105.jpg

サロベツ原野を走ります。
c0192077_11421950.jpg

途中天塩川支流で投げて見ますが何もヒットせず。
c0192077_11432476.jpg
サロベツ原野のビジターセンター。25000年?前からの地層があります。1年で1mm上昇する気の遠くなる堆積湿原。鳥の鳴き声はすごいが 望遠鏡でも見えず。バードウォッチャーにとってはたまんないんだろうな。
c0192077_12204714.jpg

28機の風力発電通過。 47号BMWーBIKES撮影ポイントでしたね。偶然特集が北海道だったみたいで身近に感じました。この後ダートを寄り道しながら走ります。
c0192077_11454324.jpg

北緯45度通過
c0192077_11463120.jpg

利尻島がわずかに見えますが 利尻富士は雲の中。9度ぐらいで寒いです。
c0192077_1212862.jpg

抜海駅到着。す。
c0192077_1152981.jpg

ノシャップ岬到着。鹿が歩いてました。レインスーツのライダーが映ってますが、彼とは留萌から抜きつぬかれつ。明日は天北スーパー林道へ行くそうで また会いそうです。
c0192077_11554384.jpg
c0192077_11562738.jpg

稚内駅着。最北端駅。街中の道路標識はロシア語も追加されてました。日本は親切な国ですよね。
都心でも駅などはハングル文字や中国語で案内とかあるし。それでも日本は今でも戦争責任言われるの頭にくる。
知床でその思いはより強くなる。
c0192077_120554.jpg


c0192077_121093.jpg

今日は南稚内駅近くで初めてのライダースハウス‘みどり湯’に宿泊予定。鰊番屋で一緒になったライダーから教えてもらいました。寒いしテントどころではなくなってきました。何のためにシュラフカバー買ったのか?ライダースハウスの様子http://www.sky.sannet.ne.jp/midoriyu/.札幌大学の学生が6人います。就職内定祝いと友達留学壮行会を兼ねて来てました。彼らは夜9時ごろ車二台で到着。真っ暗のオロロンラインを走ってきたそうです。更にこの30分後に列車できた仲間も合流。北海道出身でも稚内には遠くてこれなかったらしいです。彼女たちは気さくで 翌朝スッピンでご挨拶。何も気にしてません。自己紹介ありで焼酎飲み放題で常連含めて夜まで宴会。彼女たちは十勝 根室 網走 函館の出身で十勝の子はとなりの家まで3K離れてて回覧板はFAXで 高校の唯一の遊びは950円かけてバス乗って帯広でマック食べてプリクラ撮るくらいだったそうな。JR雪で止まれば学校休みだそうで、時間の流れが都心とはまったく違います。道内から出る気はなく、都心の人ごみに酔ったそうです。右の方は高知から3ヶ月かけて一周だそうでバルカン900に乗ってました。私の左側の方は90CCのカブですでに全国回ってました。お二人ともリタイヤ組です。本日の走行距離347K
by akirahrk1962 | 2009-06-25 12:50 | バイク | Comments(3)

北海道ツーリング2

いよいよ二日目です 朝からどんよりです。今日は 道南から中に向かいます。 洞爺湖から室蘭に来ました
c0192077_16433350.jpg
c0192077_16441593.jpg
室蘭駅は東室蘭ではないので小さいです 雨がぱらついてきたので 支笏湖に向かいます。支笏湖の周りにある林道です。フラットです。
c0192077_16484666.jpg


c0192077_16494484.jpg
支笏湖です。晴れ間が見えてきました。
c0192077_1651783.jpg

その後 マップルご推薦の林道ですが基本的には進入禁止です。ゲート脇から (責任負えませんの看板有) 第一縦断林道へ入ります。直線8Kで緑のトンネルという名前がついてます。 
c0192077_16552661.jpg
だんだん飽きてきます。この後 居場所がわからなくなり コンパスで方向確認。 更に出口のゲートはしっかり施錠 脇から出るときパニア幅気にしてるうちに 前輪がわだちへ入りスタック。 パニアはずしてトップはずして(こういうときこれらは簡単に取れますね) 車体左に倒して シリンダーヘッド軸に 引きずり上げました。そういうときの写真ってないんですよね。ここで電装系トラぶったら 間違いなく 誰もこれなかった。
c0192077_16562462.jpg
 その後千歳近くのR36に出ることができました。しかし左側から 雨雲が迫り来るので北西に進路とり 一路夕張へ 話題の夕張ですが かつては炭鉱の町 友人の故郷でもあるので 興味はありました。 三菱大夕張鉄道の廃線跡の胴体保存場所がありました。南大夕張駅です。
c0192077_1710685.jpg
c0192077_17123935.jpg
冬と夏で定員が変わります?多分、冬場のストーブスペースで4人分削られるのかな?
c0192077_1711952.jpg

c0192077_17142770.jpg

かつての近代エネルギー石炭のメッカです。この駅のあとに シューパロ湖という駅があり その湖の対岸に夕張岳森林鉄道跡があり トラス構造の橋脚が残ってます。
c0192077_17184521.jpg
その後 雨を背に北上します。またも三菱大夕張鉄道の橋脚発見。しかしR452のバイパス作りでこの橋脚も壊されることでしょう。破綻した市なのに 道路建設だけはガンガンやってます。(二枚目の写真の右上が作りかけのバイパス)
c0192077_17244822.jpg
c0192077_17263383.jpg

しかし 以前炭鉱の町が 沿線沿いにあったとはいえ 今はR36沿いは 原生林のみです 70k程ワインディングを飛ばしますが キタキツネにしかあいません。夕立は来るし 北西に急ぎます。ついに富良野の手前まで来て 国道の下で雨宿りです。偶然 根室本線の脇で ローカル線がやってきました。
c0192077_1745834.jpg


c0192077_1746555.jpg

富良野駅で雨やどりしてたら ドラッグスター1100にのる 駅長さんが来て さっきまで晴れてたんだけどねーと一言 今晩は?と聞いたら 雨ー ということで 仕方ないので 明るい 旭川に逃げることにしました。駅長さんがご推薦の 然別湖の鹿の湯の場所を確認してお別れです。(後々ここでトラブルが)旭川に着いたらテント場探しです 街中は晴れてたの大丈夫かと思い 旭山動物園裏の21世紀の森へ しかし雨 おまけにまた一人 昨日より山奥 温泉の管理人の方が 街中はれてもここは雨多いよ だったら520円で樽のコテージ泊まりな ということで こんなんで二泊目です。電気にコンセントありで携帯の充電が出来ちゃいました。
c0192077_17571524.jpg
猛禽類の泣き声と明け方までの雨で 睡眠不足。朝起きたら残飯ぐちゃぐちゃ 訪問者いっぱいだったんだろうな。本日の走行距離462KM
by akirahrk1962 | 2009-06-24 18:01 | バイク | Comments(5)

北海道ツーリング1

やっとかえって参りました。初めての北海道ですが 広い 長い 人少ない 動物多い 怖い そんなイメージでした。 初日は7時半ごろ出発 高井戸ICから 首都高 東北道へ makkuroさんの真似して影を
c0192077_18302471.jpg

岩手山SAにて 天気は不安定ながら快晴
c0192077_1838136.jpg

小阪鉄道 廃線後15年 未だきれいな状態
c0192077_18424012.jpg
十和田湖到着 発荷峠手前の展望台より
c0192077_21354070.jpg
c0192077_21373198.jpg
その後八甲田を抜けて名湯 酸が湯に立ち寄りました。5時半だったので 大浴場の混浴だけでしたが期待したのに女性はいませんでした!ところが!いきなり外人のカップルが登場 もちろんそういう状態で男性人は誰も出ようとはしません 根競べ状態で熱いのに つかるつかる いいもの拝めて6時半には 青森へ
c0192077_21383752.jpg
c0192077_21445948.jpg
青森発10時のフェリーです。函館2時50分着 本日の走行距離835KM
c0192077_21495697.jpg
函館駅到着です。6時半ぐらいで日曜なので 人影もまばら
c0192077_21523345.jpg
函館は市電が今でも走ってます
c0192077_21535540.jpg
c0192077_21544376.jpg
街中をぐるぐるしてたら 地元のスクーターの方が 声かけてくれて 市場で食べればおいしいよということで イカそうめんをGET この方 御殿場で仕事してたが倒産して 先月実家の函館に帰ってきたそう。これから森に釣りに行くらしいが 途中の65-..のクラウンは覆面だよというアドバイスをもらいお別れ
c0192077_21592575.jpg
大沼公園に右折したら 前方から列車が?でも貨物だった。
c0192077_2244125.jpg
この大沼公園駅は昭和二年の建物 しゃれてます。
c0192077_2263416.jpg
長万部に向かう国道で一本道が北海道らしさをかんじます。
c0192077_2294479.jpg
国縫の駅です。ここから瀬棚に向かいます。以前は瀬棚線があった始発駅。
c0192077_22121228.jpg
途中林道へ寄り道です。車が入ってるので走りやすいですが、荷物が重くて。。。
c0192077_2213525.jpg
霧雨です。人けなし。怖いどこに出るか解らない不安と地図の距離感がなんか違う。なかなか出口に行き着かない感じがします。
c0192077_22163934.jpg
c0192077_22194630.jpg
何とか林道を終わり瀬棚から海沿いへ
c0192077_22254491.jpg
道の駅島牧で海鮮バーベキュー。ホタテ カキ シロ貝 つぶ貝とライス、ホッケつみれ汁、おしんこ定食750円ついでにあわび600円追加しちゃいました。さらにここにクル途中ホタテ200えんで二枚買ったのをそのまま刺身で食って満腹
c0192077_22243399.jpg
その後は海沿いから倶知安に向かいます
c0192077_22323683.jpg
c0192077_22341393.jpg
今日は洞爺湖のキャンプサイトに一人です。タープとベッドだけですごします。函館から本日の走行距離425KM 何しろ寒い ニセコは完全霧の中。羊蹄山はすそしか見えず。この先大丈夫か天気?寒すぎるらしいです。
c0192077_22371872.jpg

by akirahrk1962 | 2009-06-23 22:47 | バイク | Comments(5)

準備1

明日の出発に向けて 着々とパッキング中 今回のポイントは この日本鉄道旅行地図で、廃線跡もチェックしてみたいですね
c0192077_92749100.jpg

c0192077_939862.jpg
昨日は スピードスターでRタイヤのアナーキーを交換 最近のアナーキー2はセンターのコンパウンドが硬いらしいですが 私のGSのサイズは まだ販売予定なし。このドラムブレーキとホイールの組み付けがちょっとしたあわせで効かなくなるらしい。更にgogoさんとmakkuroさん愛用の電動ポンプをヤフオクで買い損ねたのでこれから近所のユニディーに買いに行ってきます。
c0192077_9395687.jpg

by akirahrk1962 | 2009-06-12 09:45 | バイク | Comments(2)

平日ツー

個人的に今月いっぱい休みのため ちょいと林道に行ってきました。大名栗林道と25年ぶりの中津川林道 相木川上林道 川上牧丘線です。相木林道は三国峠越えてからしばらくして 右に入る林道ですが フラットで走りやすいコースでした。
c0192077_1782512.jpg

大名栗はがけ崩れ通行止めの看板とチェーンがありますが 問題なし。名栗側の入り口はもっと派手に告知してました。すれ違ったのはXRだけ。当たり前か、
c0192077_17104576.jpg


c0192077_17111220.jpg

その後 三峰口で秩父鉄道のSLたちを見ました。鉄としては 客車とか電車に興味有。SLはアイドリング状態で ボコボコジュージューいってます。
c0192077_17144941.jpg


c0192077_17151130.jpg


c0192077_1715335.jpg


c0192077_17155758.jpg

SLは昭和19年製です。
c0192077_1717884.jpg
アクセルワイヤーのジョイント部が曲がりかけてきたので 割り箸でタイラップ止め こんなんでも何とかなります。その後は 三国峠 相木林道 川上線とぶっ飛んで行きます。
c0192077_1719795.jpg


相木林道からの眺め
c0192077_1722234.jpg


c0192077_17225269.jpg


川上線で一発転倒 エンジンガードがヘッドまで入り込んじゃいましたが 他はなんともなし。12ADVだったら起こしようがなかったかも、HP2とかG650Xとか乗りたくなっちゃうなー軽いと面白いだろな
改めて 平日一人は なんかあったら助けてもらえない。おまけに携帯の充電切れてたし。
 ー ちなみに 来週からは北海道にいってきます。1号でオールテント泊で
c0192077_1726446.jpg

by akirahrk1962 | 2009-06-05 17:37 | バイク | Comments(7)